ご依頼から解決までの流れ

chintai_flow


■初回のご相談

ご相談は、予約制ですので、お待たせすることはありません。
当事務所では、無理に依頼を勧めることは致しません。
「ちょっと話を聴いてほしいんだけど…」という方でも大丈夫。
お気軽にご相談ください。

初回のご相談では、契約書や関係書類などをご持参頂いた上で、
疑問や今後の見通しなどについてアドバイスいたします。

継続した支援をご希望される場合は、「相談による支援」「裁判所に提出する書類作成による支援」「示談・訴訟の代理による支援」のご案内及び費用のご説明をします。


■相談による支援を継続

相手方との交渉や訴訟の遂行などをご自身で行う場合、状況に応じご相談をお受けします。ご自身で作成された書類(相手方に送る書類や裁判所に提出する書類)についても内容をチェックし、必要であればアドバイスします。


■裁判所に提出する書類作成による支援について

法廷にはご自身で立ちたい。でも書類の作成だけは専門家に任せたいという方に対して「裁判所に提出する書類作成」を行い、支援します。


■示談交渉・訴訟の代理による支援について

相手方との間に入って、代理人として、相手方と示談・訴訟などを行います。
簡易裁判所管轄の事件(争いとなっている金額が140万円以内)の事件が対象です。
※相手方との交渉の経過などは、随時ご報告をしながら進めてまいります。

新着情報

2018年03月22日
トラブルに巻き込まれない賃貸住宅選びとは? (司法書士及川修平の視点)
2017年12月26日
捨印は押しても大丈夫? (及川修平 司法書士) (不動産の取引について)
2017年10月30日
台風で瓦が飛んで発生した被害は誰が弁償する?(司法書士及川修平) (不動産の取引について)
2017年09月28日
レオパレスの集団訴訟から考える、サブリース物件の注意点(及川修平司法書士) (司法書士及川修平の視点)
2017年07月18日
災害にあった賃貸住宅の家賃は払い続けなければならないか(及川修平 司法書士) (司法書士及川修平の視点)
PAGE TOP ↑